モーション・ピクチャー・シューティング

MOTION PICTURE SHOOTING 自主映画制作記

映画『2M』完成

f:id:HiroSane8kuri-ya:20210206112818p:plain

 

スマートフォンだけで撮影したショートムービー、『2M』が完成しました。

 

バイオハザードが発生した街で、逃亡した女を探し出した男。

だが二人は常に2メートル離れていなければならない……

 

この映画の制作は、

昨年末に早稲田松竹小津安二郎監督作品を、

年始に新文芸坐黒澤明監督作品を観た影響もあり、

ローアングル、ワンシーンワンカットシネスコ画面で撮るという漠然としたコンセプトから始めました。

正月に新作鑑賞のために行ったイオンシネマで、座席からスクリーンを眺めていたら、

画面の両端に立つ女と男、二人の間には一定の距離があり、縮まらないという絵が閃きました。

 映画館様様です。

 

f:id:HiroSane8kuri-ya:20210206113348j:plain

 

ネットで男女2名のキャストを募集。

近未来SFの世界で、生きた人間を体現できる方々に出会えました。

 

いつもは細かくカットを割るのを好む私が、長回しに初挑戦。

約12分のワンシーンワンカットは二人の俳優の力に支えられて成功しました。

 

緊急事態宣言下の都内で撮影しましたが、総勢三人で、気を配りながら、無事に終えました。

 

スマートフォン撮影ならではの画面も考え得る限り盛り込んで、

先月末のコンテスト締め切り直前に完成させました。

 

映画の父、D.W.グリフィス監督が述べたという言葉を思い出しながら、創り上げました。

      映画とは 女と銃だ 

 

 

 

秋の動画

 

もう師走となりましたが、秋に収穫がありました。


MOZA Mini-S TEST #2

 

紅葉、錦鯉、水鳥たちにいい画をもらえました。

黄色に色づくカエデは初めて見ました。

この動画はスマホとジンバルの組み合わせで撮影。

f:id:HiroSane8kuri-ya:20201211210441j:plain

f:id:HiroSane8kuri-ya:20201211210452j:plain

二ヶ月ほど前にMOZA Mini-Sを購入。

最初のテスト動画はこれです。


MOZA Mini-S TEST #1

 

やっとコツがつかめてきたかなぁというところ。

今後のスマホ撮影映画に活かす予定です。

 

映画『射手座』@シン・シネマ

 

2017年の製作監督作、

『 射手座 』

 自主映画の無料配信・レビューサイト、シン・シネマさんに掲載されました。

shin-cinema.com

 

 よろしくお願いいたします。

f:id:HiroSane8kuri-ya:20201017200732j:plain

 

#リモート映画祭『3分まで待てない!』

松竹さん主催、

www.shochiku.co.jp

 

参加中です。

f:id:HiroSane8kuri-ya:20200809202107j:plain

重装備でアパートの一室に突入する警官のPOV(主観映像)。

部屋はもぬけの殻だ。

だが、ポツンと置いてあるカップラーメン。

フタの上に3分にセットされたタイマー。

「ラーメンを喰おうとしていたらしい。まだそんなに遠くには逃げていないだろう……」

警官の手がタイマーを持ち上げると、なぜかカウントダウンが始まった!!

 『3分まで待てない!』 本編公開中 <5分15秒>


#リモート映画祭『3分まで待てない!』

 

 ↓ この時に出演してもらうはずだった古米翔大さん、岡部莉子さんにリモート出演を依頼。

8kuri-ya.hatenablog.jp

 

二人の俳優にはPOVショットに合わせて自撮りをしてもらい、その映像を小画面として合成して本編を完成させました。

 

カウントダウンのサスペンスなので、

制作記も応募締め切り(7/ 31)からさかのぼって書いてみましょう。

7日前 脚本完成

6日前 メインの小道具、カップラーメン・バクダン完成

5日前 二人の俳優に出演依頼、承諾を得る

4日前 メールでリモート打ち合わせ開始

3日前 リモート打ち合わせ ビデオレターを送ったりする 

2日前 自宅にてPOV映像収録 俳優に送付 電話で詳しく話す 古米さんより映像到着

1日前 岡部さんより映像到着 編集作業本格化

〆切当日 編集完了 本編をアップロードしてエントリー 

 

初めてのリモート撮影、俳優とハナシがうまく噛み合わなかったり、想定外のことが起こったりしたのですが、その度に「リモートだろうがやっぱり実写映画の撮影だ。どんと来いトラブル!」と、前向きに対応してナントカ切り抜けました(笑)。

 

俳優に出演を依頼する前に、ラーメン💣の小道具を完成させています。

これはつまり悪役を先に決めたということです。

火のない所に消防士は来ない。火事場の真の主役は火だ。

80年代アクションの大傑作、『コマンドー』、『ダイ・ハード』の脚本を手がけたティーヴン・E・デ・スーザ氏の言葉です。

ヒーローが登場するために必要な悪役と悪事。

私は今作の悪役が働いた悪事、カップラーメン型バクダンにそれなり以上の説得力を持たせて具現化できたところで(6日前)、この映画の制作にGOを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートホラーフィルムチャレンジ『空巣狙い』

すべて一人で制作したホラー短篇を

gemstoneaudition.com

こちらに応募。一次審査通過でGEMSTONEさんのチャンネルにて公開されております。

空巣狙い 

3分31秒

モンスターホラーです。

※昆虫などが苦手な方は観ないでください!


『空き巣狙い』「ショートホラーフィルムチャレンジ」【GEMSTONE】 第五回 一次審査通過作品

 

当初はまったく別のシナリオ、ヴァンパイアもので、二人のキャストを公募し、クランクインの日取りまで決めたのに、関東が梅雨入りし、ロケ地などの都合で制作中止としました。

その後、シナリオとロケ地の変更で対応しようとしましたが、つまらなくなったのでボツ。

別のシナリオ、サイコホラー系も書いてみましたが気分が乗らなくてボツ。

締め切り三日前にこの『空巣狙い』のストーリーをひねりだし、

1日目 脚本執筆 クリーチャー制作

2日目 撮影

3日目 編集

トータル24時間くらい、制作費1000円強で完成させました。

 

クランクイン目前で映画制作を中止としたのは初めてのことで、精神的なダメージがかなり大きかったのですが、なんでも中止になってしまう昨今の雰囲気に抗いたいという気持ちで別のプランに取り組みました。

主演もしているという、すべて一人で創った初めての映画であり、

観るのは好きだったが撮るのは初めてとなったホラー映画です。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

スマホの4K

 

Xperia8の4K 動画、

FHDのときよりも色が派手になる、彩度が上がる感じをなんとかアップロードできました。

 


Xperia8 4Kテスト⓶ 手ブレ補正

 

ステンレスの手すりが青くなってますね。

撮影時間と場所が少し違いますが、同じ公園で撮ったFHDのものと比べるとわかります。

 


Xperia8 FHD[21:9] 手ブレ補正テスト❶

 

FHDの方が見た目に近い色です。

 

実は我が家には4Kモニターがないので、視聴環境を整えれば、また違ったように見えるのだろうか……。4Kのテレビが暗く見えるという巷の話題もありますし、それに対処するための色の派手さなのだろうか?などとも思っています。

とにかく、4K撮影を本格化させるならモニターも必要ですね。

撮影、編集、視聴の環境は常に改善していかなければ(お財布と相談なんですけれど)!

 

さて、

スマホXperia8の動画テストもこのくらいで。

 

スマホだけでも映画が撮れる……?

そうですね、確かに撮れると思いました。

そして、

けっきょくなにを撮るか、

どう撮るかが問題になりますね。

スマホならでは、スマホだから撮れるショットが必要になる映画をこれから考えたいと思います。